REX-NETは文部科学省と地方自治体が共同で行っている「REXプログラム」への参加教員が中心となって組織するネットワークです。

PR掲示板

「PR掲示板」は、REX-NETのメンバーが、日ごろの実践事例を気軽に紹介する場として、設置されています。国際理解教育、国際交流を熱心に推進しているREX-NETメンバーですが、その実践を立派な「報告書」としてまとめる時間がとれないことが悩み……、そんな問題を解決してくれるのが、この「PR掲示板」です。

REX-NETメンバーのみなさん! 日記を書く、ブログを更新するような手軽さで、実践事例をどんどんPRしてください。写真も手軽に掲載できます。情熱をかけて取り組んでいる実践も、みなさんに見える形で報告しなければ、実践している事実さえ世間には伝わらないのです。それでは余りにもったいないではありませんか! 積極的なPRをお待ちしています。

REX-NETメンバーの日々の取り組みを、是非この掲示板でご覧いただきたいと思います。また、各種セミナー、講演会、研究会などのお知らせも、この場でご案内いたします。

書き込みには、「投稿用パスワード」が必要です。ご利用になりたい方は、こちらから取得手続きをお願いいたします。

記事の投稿・削除・検索はこちら

記事一覧

77 オーストラリアに行ってきました3

  • 投稿者: 岩田(18期・豪)
  • 日付: 2013年3月12日 11時29分
  • 返信

添付:77.jpg 今回は派遣地で出会った卒業生について書きたいと思います。
私は派遣中、小学校5、6年生と中学校1〜3年生、高校1〜3年生の日本語クラスを教えていました。
小学校は週に1回、中学・高校は週に2回授業がありましたが、高校3年生はその他にも卒業試験の為の補講をしたり、面接テストの前は毎日電話を使って日本語を話す練習をしたりしていたので、特に結びつきが強くなりました。
私が帰国してからもfacebookを通じて交流していて、今回の訪問ではその中の2人に会うことができました。

一人は、アデレードの大学を卒業し、今はアリススプリングスで水道工事の設計をしているという男の子です。
彼は3人兄弟で実は少しだけ弟も教えていて、弟も会いに来てくれました。
高校3年生の時に、日本の料理を作ってレポートを書く…という課題をしたのですが、ベジタリアンの彼の為にオリジナルのポン酢を作って湯豆腐を食べた事を今でもお互いが覚えていて、懐かしい気持ちになりました。

もう一人は、高校2年の時に私学から転校してきて、私の日本語クラスに入った女の子です。
彼女は、お父さんの仕事の関係で日本に住んでいたこともあり、日本語の授業を熱心に受けていました。
シドニーの大学を卒業し、今はケニアのナイロビに住んでいて、コーヒー豆に関する仕事をしているそうです。
今でも日本語の勉強を続けていて、ナイロビに住んでいる日本人とも日本語で交流している、と聞いて、本当に嬉しくなりました。

日本でもオーストラリアでも、やっぱり卒業生が成長して大人になっている姿を見ると本当に感激します。
今後も交流を続けて、みんなの活躍を見守っていきたいと改めて思いました。

76 オーストラリアに行ってきました2

  • 投稿者: 岩田(18期・豪)
  • 日付: 2013年2月21日 20時02分
  • 返信

添付:76.jpg 今回は私が勤務していたAlice Springs Language Centreについて紹介します。
ここには、日本語、中国語、インドネシア語、そしてArrernteという現地の言葉を教える先生たちが勤務しています。
そして、ここから市内の小学校・中学校・高校にそれぞれの文化や言語を教えに行っています。
私が勤務していたころは、この市内のLanguage Centreが市内の中学校内や高校内の一角にがあり、3年ごとにその場所を移動していましたが(私は経験していませんが、毎回の引っ越しが本当に大変だったそうです)、私が帰国したその年にLanguage Centreとしての建物が新たに造られ、教える側にとっても学ぶ側にとっても、てとも環境が良くなりました。

今回の旅では、お世話になった校長先生の案内で、その新しい施設を見学させていただきました。
入ってすぐの受付はとても美しく、ビジターがLanguage Centreの活動紹介ビデオが見られるようなモニターが設置してありました。
奥の職員室も以前とは比べ物にならないほど、広くなっていました。
専用のキッチンが新しく作られ、よくそれぞれの国の料理を一緒に作ったり、その料理のレポートを書くアクティビティをしていたので、そうした活動がやりやすくなったんだなぁと思いました。(以前は、中学校の家庭科室を借りなければならなかったので、手続きが大変だったのです。)
そして外のスペースには、それぞれの国のガーデンが作られており、それぞれの文化を五感で体験できるような仕組みになっていました。

私が嬉しかったのは、自分が写っている写真をその建物の中でたくさん見つけることができたことです。
入口の職員写真に始まり、日本の高校生を招いて交流した時の写真や、授業の写真、また地域の人にお寿司の作り方を紹介した新聞記事が貼られているのを見て、本当に楽しかったアリススプリングスでの日々が思い出されました。

ホームページがあるので、興味のある方は是非そちらをご覧ください。
www.alicespringslanguagecentre.com/

75 オーストラリアに行ってきました1

  • 投稿者: 岩田(18期・豪)
  • 日付: 2013年2月19日 23時34分
  • 返信

添付:75.jpg みなさん、こんにちは。
REX18期オーストラリア派遣の岩田です。
2月の書き込みを担当します。
どうぞよろしくお願いします。

この冬休みを使って、4年ぶりに派遣地へ行って参りました。
私が派遣されたのは、オーストラリアのちょうど真ん中に位置する砂漠の町、アリススプリングスです。
飛行機から降りると、まずは強い日差しと40度の気温がとても懐かしく感じました。
同僚だった友人が迎えに来てくれ、町の景色や以前私が住んでいた家を見ながら移動。
今回は、私が派遣されていた2007年から2009年に出会った人達に会いにいく旅。
私が日本語を教えていた卒業生との再会や、新しくなった私の勤務地、Alice Springs Language Centreの紹介を中心に少しずつ書いていこうと思います。
写真が1枚ずつしかアップできないので、どうか気長にお付き合いください。

74 事前研修「帰国後の展望」終了

  • 投稿者: 渡辺政寿(10期・ロシア)
  • 日付: 2012年6月9日 11時19分
  • 返信

添付:74.jpg REX-NET代表の渡辺政寿です。遅くなりましたが、6月1日(金)に行われた授業の報告をさせていただきます。事前研修の一コマ(90分)をいただいて、先輩REX教員として「帰国後の展望」と題して、主に1)帰国後に求められること 2)帰国後12年間で私が行ってきたこと 3)自分の体験から言えることの3本柱でお話しました。後半の20分はREX-NETの紹介をいたしました。研修中の23期生9名[島尻さん(北海道→カナダ)、北村さん(北海道→カナダ)、羽鳥さん(群馬→NZ)、宮川さん(富山→ブラジル)、川上さん(富山→中国)、中野さん(富山→アメリカ)、杉山さん(岡山→豪)、木脇さん(山口→中国)、鎌田さん(埼玉)]だけでなく、前日から東京入りされていた21期の8名の皆さん[阿部さん(北海道→カナダ)、木挽さん(北海道→カナダ)、高野さん(群馬→NZ)、石井さん(富山→中国)、大木さん(富山→ブラジル)、乾さん(大阪→ウェールズ)、村井さん(岡山→豪)、義永さん(山口→中国)]、各自治体教育委員会の方々、文科省の數野様、大勢の方にお話しを聞いていただきありがとうございました。また、このような機会を設定してくださった伊東先生、菅長先生、善如寺先生、誠にありがとうございました。私の場合は日本の高校生とロシアの大学生の年賀状・クリスマスカード交換をずっと続けてきましたが、周囲の目を気にせず、実践を続けること、またそれをプレスリリースすることの大切さを説きました。そこからまた環が広がる事例をお話しました。詳しくは連載中のブログをご覧下さい。後半のREX-NETの紹介でも、赴任中に得た力を帰国後に還元しようとする際に程度の差こそあれ誰もが周囲とのギャップを感じる。それを乗り越えるために、REX-NETが存在するという点も強調いたしました。困ったときに、一人で悩まずに先輩後輩の縦のつながりを有効利用しようと訴えました。帰国されたばかりの21期の方々、赴任中の22期の方々、研修後にこれから飛び立つ23期の方々、ぜひともみんなでREX-NETを盛り上げて行きましょう。

73 第21期 REX派遣教員 帰国報告会 開催されます!

  • 投稿者: 渡辺政寿(10期・ロシア)
  • 日付: 2012年5月28日 10時25分
  • 返信

第23期REX教員派遣プログラムの
事前研修が目下進行中です。

REX-NETでは、「帰国後の展望」と題し、
6月1日(金)の午前中、授業一こまを担当させていただきます。
今回は、REX-NET新代表を務めます、
10期 新潟県からロシア派遣の
渡辺政寿が、担当することになりました。

帰国後の現場への還元として、
実際にどのような国際交流活動を行ってきたのか、
実践例をお話しする中で、
これから派遣になる23期の皆様に、
なにかヒントを見つけていただけたらと思います。

また、同6月1日(金)の午後、
東京外国語大学 留学生日本語教育センター
さくらホールにおきまして、
第21期派遣者の帰国報告会が開催されます。

今年の3月に帰国されたばかりの、
8名の21期REXの先生方の熱い報告が楽しみです。

お近くの方、お時間のある方、
金曜の午後という時間帯ではありますが、
ぜひぜひ、帰国報告会にいらしてくださいね。

**********************

REXプログラム派遣教員帰国報告

1 日時 
  平成24年6月1日(金) 13:10〜16:30

2 会場
  東京外国語大学留学生日本語教育センター 
  1階 さくらホール
  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1 
  JR中央線武蔵境駅乗換え西武多摩川線多磨駅下車徒歩8分
  http://www.tufs.ac.jp/common/is/nyushi/route2/contents.htm

72 【募集中!】サマキャン☆長春2012(高校生向け中国でのサマーキャンプ)

添付:72.jpg 文部科学省協力事業
【互いのことばを学ぶ日中高校生の交流プログラム−第6回漢語橋日本高校生サマーキャンプ−】
参加者募集中!(2012年5月18日(金)締め切り)
http://www.tjf.or.jp/ringo/news/event/post-113.php

今夏、わたしの所属する公益財団法人国際文化フォーラムで標記のプログラムを実施します。わたしも、交流活動づくりなどの担当スタッフとして参加します。

期間:2012 年7 月23 日(月)〜8 月2 日(木) 11 日間
実施場所:中国吉林省長春市 日章学園高等学校 中国キャンパス
応募資格:中国語を学ぶ日本の高校生(独学も可!)
募集人数:92名

11日間、中国語を学ぶ日本各地の高校生と、中国で日本語を学ぶ高校生とともに生活し、ともに学び、共同活動に取り組みます。

参加者のみなさんが、中国語をなんのために学んでいるのか自分なりに意味を発見し、さまざまな背景をもつ日中の高校生といっしょになにかに取り組み、意見の違いを調整しながら新しいものをつくりあげる11日間となるよう、わたしたちスタッフも力をつくします!

共同活動では、こんなことを企画しています!(予定です)
・長春市内の高校生をゲストに迎えるサマキャン文化祭に向けて、主催者として企画、準備、実施にチャレンジ!
・長春市民が集まる広場などをいっしょに訪ねよう!
・市場に出かけていっしょに買い物
・中国の高校生のお宅訪問

中国語の授業では、
入門、初級、中級などのレベル別に、日中の高校生が共同生活や共同活動でコミュニケーションをとるのに必要な表現を中心に学びます! アクティビティ中心で常に口と体を動かす授業です!

みなさまの生徒さん達にもぜひご紹介いただき、ご応募いただければ幸いです。

締め切りは、2012年5月18日(金)です。

最初にも書きましたが、ラジオ講座やテレビ講座、参考書を使っての独学もOKです!! 学習歴の長短は問いません!

プログラムの詳細、応募方法は、下記ページをご覧ください。
http://www.tjf.or.jp/ringo/news/event/post-113.php

*東日本大震災で被災された高校生の方を対象に本プログラムの参加費を免除する特別枠も設けています。

生徒さん達のご応募を心よりお待ちしています!

室中

71 すばらしいシンポジウムでした!!!

  • 投稿者: 渡辺希(10期・アメリカ)
  • 日付: 2012年3月7日 10時57分
  • 返信

添付:71.png 3月3日、上智大学で開催されたシンポジウム「未来(あす)を生き抜くための外国語教育に挑む 〜つながりを実現するためのアクションプラン〜」に参加してきました。
「すばらしい」と一言でまとめてしまうには言葉足らずですが、参加してよかった、メンバーみんなで参加すればよかった、と思うシンポジウムでした。
今回のシンポジウムは、「外国語学習のめやす2012」(以降「めやす」)の発表を記念してのものでした。めやす作成は、高等学校での中国語と韓国語教育における、学習指導要領に該当するものを作成するという、文部科学省からの委嘱事業として、国際文化フォーラムが中心となって進めてこられたプロジェクトで、さまざまな専門家の方々、先生方の力を合わせられ、カリフォルニア大学サンディエゴ校教授の當作靖彦先生と、国際文化フォーラム理事でREX-NETの顧問である中野佳代子先生が、全体監修をされています。
めやすの教育理念は、「他者の発見・自己の実現・つながりの実現」であり、「学習者の人間的成長を促し、21世紀に生きる力を育てる<資質形成と能力育成>」を教育目標としています。
めやすでは、3×3+3(スリー・バイ・スリー・プラス・スリーと読みます)という、わかりやすいキーコンセプトを掲げています。3領域(言語・文化・グローバル社会)における、3能力(わかる・できる・つながる)を自由自在に学習に取り入れ、3連鎖(関心意欲態度や学習スタイル・既習内容や経験や他教科の内容・教室外の人モノ環境)を生み出していく中で、「総合的コミュニケーション能力の獲得」をしていくことを学習目標としています。
この理念的な内容のみならず、めやすでは、具体的な学習内容についても明記していて、15の話題分野別に、4段階の言語レベル設定をし、表現例、語彙例などもまとめてあり、評価のためのルーブリックまで掲載されています。さらに、もっと実践的に、授業の中への取り入れ方の具体例まで盛り込まれています。
中国語と韓国語のみならず、すべての外国語学習に関して、将来的にアプローチを大きく変えていくきっかけになると確信できる「めやす」には、プロジェクトメンバーの、外国語教育にかける熱意と情熱の結集、コミュニケーションの醍醐味を知っている人たちによる智恵の結集といった冊子だなあと感じました。これを、いかに使いこなし、発展させていくのか、は、教育現場の教師にかかっていると思います。
3月3日のシンポジウム、桃の節句にちなんで桃色の表紙を装った「めやす」が今後大きく成長し、中野さんが願われるように「3月3日は外国語教育の日」となる日が、きっと来ると思います。

70 医療通訳セミナーのお知らせ

戸塚高校で長期留学生の日本語学習支援を手伝っていただいている日本語ボランティアの先生から医療通訳ボランティア養成研修のお知らせです。
毎年神奈川県で開催されていますが、日本全国から参加があります。

********* 転載歓迎 *********

今回、MICか ながわでは、下記の要領で医療通訳セミナーを開催します。MICかながわが例年神奈川県・県内 市町と協力して行っている医療通訳ボランティア養成研修(全4日)を1日にまとめた内容です。語学のできる人に限らずどなたでも参加していただけるよう工 夫をし、いろいろな立場の方に医療通訳についての理解を深めていただきたいと企画しました。
●日時:3月3日(土)10:00〜16:30 (受付開始 9:30)
●会場:神奈川県社会福祉会館 4階 第1・2研修室 (JR横浜駅西口より徒 歩15分)
   横浜市神奈川区沢渡4−2 
●対象:立場や言語を問いません。医療通訳に関心のある方な らどなたでも参加できます。
●定員:70名
●参加費:一般 3,000円  MICかながわ会員 2,500円  (当日徴収)
●内容:1. 医 療通訳とは・医療通訳の心得 
      講師:沢田貴志(MICかながわ理事・港町診療所所長・医師)
    2. 外 国人医療の現状、公費助成制度
      講師:早川寛(MICかながわ副理事長・港町診療所事務長)
    3. 対 人援助スキル、多文化共生について
      講師:鶴田光子(MICかながわ理事長・聖テレジア病院メディカルソーシャルワーカー)
    4. ロー ルプレイ、通訳技術
      講師:岩本弥生(MICかながわポルトガル語医療通訳スタッフ・コーディネーター)
●申込方法:MICか ながわホームページ http://mickanagawa.web.fc2.com/から申込フォームで。
●問合せ:MICか ながわ事務局  担当:内藤--
MICかながわ(特定非営利活動法人多言語社会リソースかながわ)
〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3−30−1農機会館503
TEL 045-314-3368 FAX 045-342-7918
E mail: mickanagawa@network.email.ne.jp
URL: http://mickanagawa.web.fc2.com/

69 シンポジウム「未来を生き抜くための外国語教育に挑む」

国際文化フォーラム(TJF)の室中です。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
新年早々、宣伝もどきで恐縮ですが、TJFが主催するシンポジウムのご案内をさせていただきます。

お時間の合う方、お近くの方、ぜひご参加ください!

シンポジウム「未来を生き抜くための外国語教育に挑む」
2012年3月3日(土)
於:上智大学

21世紀のグローバル化社会に生きる若い人びとには、ことばと文化の多様性を尊重し、多様な背景をもつ人びとと積極的にコミュニケーションを図り、相違性を調整しながら、協働して新たな社会を創っていく資質と能力が必要です。外国語教育こそこうした力を育むことができるのではないでしょうか。

シンポジウムでは、新しい外国語教育の目標・内容・方法を提案する「学習のめやす 2011 」(http://www.tjf.or.jp/jp/special/intro/04_meyasu/04_meyasu.html)を発表し、外国語教育の意義と使命をアピールするとともに、さまざまなつながりを実現する、未来を生き抜くための外国語教育の方策と行動計画をみなさんと協働して考えます。ふるってご参加ください。

日 時:2012年3月3日(土) 10:00〜17:30

場 所:上智大学四谷キャンパス 中央図書館棟9階会議室

主 催:上智大学国際言語情報研究所、公益財団法人国際文化フォーラム(TJF)

対 象:中学・高校・大学の外国語教育、国際理解教育、異文化間教育等の関係者、教育行政機関関係者、学校の管理職、地域の国際交流団体関係者、メディアほか  計150名(先着順)

参加費:無料(昼食付)

プログラム:
午前の部(10:00〜12:30)
「学習のめやす 2011 」の発表に続き、「未来を生き抜くための外国語教育」についてパネルディスカッションを行います。

・パネリスト(五十音順、敬称略)
 可越 (日中コミュニケーション株式会社取締役)
 齋藤孝 (千葉県立市川昴高等学校校長)
 橘・フクシマ・咲江(経済同友会副代表幹事、G&S Global Advisors Inc.代表取締役社長)
 吉田研作 (上智大学教授)
・モデレーター 
 當作靖彦 (カリフォルニア大学サンディエゴ校教授)

午後の部(13:20〜17:30)
午前中の議論を踏まえ、グループにわかれて、めざすべき外国語教育実現に向けての方策と行動計画を議論します。各グループの議論の結果を発表し、それらをとりまとめた行動計画を作成し発表します。

*プログラムの詳細、申込は下記ページをご覧ください。
http://www.tjf.or.jp/jp/information/2011/inf2011_22.html

68 REX5期 島根県 渡部正嗣先生の快挙のご報告!

  • 投稿者: 渡邉 希
  • 日付: 2011年11月26日 19時34分
  • 返信

REX5期 島根県の渡部正嗣先生が、現在お勤めの島根県隠岐の島町立西郷中学校でのICT機器の活用の実践で、「ICT夢コンテスト」において「文部科学大臣賞」(全国1位表彰!)を受賞されました。『「楽しく、よくわかり、互いに関わり合う授業」のためのICT機器の活用』というタイトルです。すばらしいですね!本当におめでとうございます!

http://www.cec.or.jp/yume/​yume_works.html

ページ移動

全75件中、11件目から20件目までを表示しています。

bbs/upload 1.7



活動内容 | 人材バンク | PR掲示板 | アーカイブ | FAQ | 入会案内
ホーム | LINKS | サイトマップ | 事務局のご案内 | 寄付について | お問い合わせ

国際教育活動ネットワーク REX-NET
Copyright © 2003-2010 REX-NET all rights reserved.