REX-NETは文部科学省と地方自治体が共同で行っている「REXプログラム」への参加教員が中心となって組織するネットワークです。

PR掲示板

「PR掲示板」は、REX-NETのメンバーが、日ごろの実践事例を気軽に紹介する場として、設置されています。国際理解教育、国際交流を熱心に推進しているREX-NETメンバーですが、その実践を立派な「報告書」としてまとめる時間がとれないことが悩み……、そんな問題を解決してくれるのが、この「PR掲示板」です。

REX-NETメンバーのみなさん! 日記を書く、ブログを更新するような手軽さで、実践事例をどんどんPRしてください。写真も手軽に掲載できます。情熱をかけて取り組んでいる実践も、みなさんに見える形で報告しなければ、実践している事実さえ世間には伝わらないのです。それでは余りにもったいないではありませんか! 積極的なPRをお待ちしています。

REX-NETメンバーの日々の取り組みを、是非この掲示板でご覧いただきたいと思います。また、各種セミナー、講演会、研究会などのお知らせも、この場でご案内いたします。

書き込みには、「投稿用パスワード」が必要です。ご利用になりたい方は、こちらから取得手続きをお願いいたします。

記事の投稿・削除・検索はこちら

返信対象の記事

87 JACTFLシンポジウム 参加報告

  • 投稿者: 渡辺政寿(10期・ロシア)
  • 日付: 2015年3月11日 15時10分

添付:87.jpg 去る3月8日(日)、上智大学で
JACTFL主催の第3回シンポジウムが、
「外国語教育の未来を拓く〜
グローバル時代を生き抜くための外国語教育〜
いまこそ多様な外国語教育を進めよう!」
というスローガンの下に開催されました。

REX-NETからは大阪の高江洲さん、東京の平澤さん、
大阪の南さん、山口の義永さん、岐阜の早野さん、
そして新潟の渡辺が参加しました。
上智大学の吉田研作先生はモデレータとして、
国際交流基金の中野様はシンポジウムの中心人物として、
東外大の伊東先生はご来賓でご臨席され、
REX-NETの顧問陣勢揃いでご活躍でした。

午前中はシンポジウム
「いま必要とされる多様な外国語能力と
その教育のあり方−TOKYO2020に向けて」があり、
午後は小中学校、高等学校、大学に分かれて
「外国語教育の多様化を推進する方策を探る」
というタイトルのもとで分科会が行われました。
その後、全体会にて分科会報告、
「オリンピック・パラリンピックに向けて
−東京都に提案する!」というセッションがありました。
全体を通して2020年の東京オリンピックに向けて、
都教委もかなりの予算を投じて、
英語だけでなく多言語を若年層から話させる努力を
していることがわかりました。
外国語イコール英語という発想を脱却させたいという
主催者の理念も随所に感じられました。

渡辺個人としては吉田先生がマンデラさんの話から引いた
「相手のわかる言語で話すと相手の頭に入るが、
相手の母語で話すと相手の心に訴えることができる」
の一節が深く印象に残りました。
これからの時代に国際舞台で活躍するには
英語プラスもう一言語が必須条件となる日が近いと感じました。

返信フォーム

  • 項目名に * 印のついている項目は入力必須です。
  • 87番の記事に返信します。
*
*
*

削除フォーム

記事番号はカンマで区切って複数指定できます。

ページ移動

全件中、1件目から件目までを表示しています。

bbs/upload 1.7



活動内容 | 人材バンク | PR掲示板 | アーカイブ | FAQ | 入会案内
ホーム | LINKS | サイトマップ | 事務局のご案内 | 寄付について | お問い合わせ

国際教育活動ネットワーク REX-NET
Copyright © 2003-2010 REX-NET all rights reserved.