REX-NETは文部科学省と地方自治体が共同で行っている「REXプログラム」への参加教員が中心となって組織するネットワークです。

PR掲示板

「PR掲示板」は、REX-NETのメンバーが、日ごろの実践事例を気軽に紹介する場として、設置されています。国際理解教育、国際交流を熱心に推進しているREX-NETメンバーですが、その実践を立派な「報告書」としてまとめる時間がとれないことが悩み……、そんな問題を解決してくれるのが、この「PR掲示板」です。

REX-NETメンバーのみなさん! 日記を書く、ブログを更新するような手軽さで、実践事例をどんどんPRしてください。写真も手軽に掲載できます。情熱をかけて取り組んでいる実践も、みなさんに見える形で報告しなければ、実践している事実さえ世間には伝わらないのです。それでは余りにもったいないではありませんか! 積極的なPRをお待ちしています。

REX-NETメンバーの日々の取り組みを、是非この掲示板でご覧いただきたいと思います。また、各種セミナー、講演会、研究会などのお知らせも、この場でご案内いたします。

書き込みには、「投稿用パスワード」が必要です。ご利用になりたい方は、こちらから取得手続きをお願いいたします。

記事の投稿・削除・検索はこちら

返信対象の記事

62 オーストラリア日本語教員団 REX-NET大阪チーム 意見交換会

  • 投稿者: 谷井隆夫
  • 日付: 2011年1月15日 6時50分

添付:62.jpg 12月のなかば、国際文化フォーラムの室中さんから次のような依頼をいただきました。「関西大学が受け入れ機関となり、オーストラリアの中高校の日本語の先生約50名向けに、1か月の日本語・日本文化研修をすることになりました。国の事業であり、実施主体はアデレード大学です。その研修のなかで、ぜひ日本の学校の先生たちと、双方の教育についてのディスカッションをする機会を持ちたいということでできればREX-NET大阪チームにこの話をうけていただくことはできないか」というものでした。

何でもやってみようの大阪チームは、さっそく前向きに検討することとし、メンバーを募集したところ、高江洲さん(天王寺)、松岡さん(茨木)、岩田さん(西成)の3名のメンバーが参加表明をしてくれました。私、谷井(四条畷)を加えて4名です。さらに四条畷首席の石村さん、茨木英語教諭の堀江さんもご参加いただくこととなりました

以上の経緯で、1月14日(金)18:00〜関西大学で規模の大きなミーティングに参加しました。主なテーマは、生徒指導、保護者との関係、進路指導、ひきこもり対策など、共通点も相違点も多く、大変面白いミーティングとなりました。石村さん、堀江さんとも英語力抜群で、会の最初は日本語を中心に意見交換を始めたものの、中盤以降はほぼ英語オンリーでビシバシとディスカッションを行いました。もちろん、松岡さん、高江洲さん、岩田さんのユーモアあふれるスピーチも素晴らしかったです。

関西大学側の企画の責任者であるカイト由利子先生は松岡さんの恩師。関西大学のもう一人の担当者島津百代さんは私の教え子、オーストラリアチームのリーダーである畑井淳一さん(トゥーンバ グラマー スクール)はREX派遣中の私の友人(お世話になりました)という奇縁もたくさんあり、実り多いひと時となりました。今年のREX-NETの企画の一つとして位置付けて行きたいと思います。

返信フォーム

  • 項目名に * 印のついている項目は入力必須です。
  • 62番の記事に返信します。
*
*
*

削除フォーム

記事番号はカンマで区切って複数指定できます。

ページ移動

全件中、1件目から件目までを表示しています。

bbs/upload 1.7



活動内容 | 人材バンク | PR掲示板 | アーカイブ | FAQ | 入会案内
ホーム | LINKS | サイトマップ | 事務局のご案内 | 寄付について | お問い合わせ

国際教育活動ネットワーク REX-NET
Copyright © 2003-2010 REX-NET all rights reserved.