REX-NETは文部科学省と地方自治体が共同で行っている「REXプログラム」への参加教員が中心となって組織するネットワークです。

アーカイブ

◆発表報告
第1回 国際教育シンポジウム(2004.06.26)
第2回 国際教育シンポジウム(2005.06.18)
第3回 国際教育シンポジウム(2006.06.17)
第4回 国際教育シンポジウム(2007.06.09)
第5回 全国大会(2008.06.07)

◆WEB版REXPRESS
ニュースレター REXPRESS Vol.1-1
ニュースレター REXPRESS Vol.1-2
ニュースレター REXPRESS Vol.1-3
ニュースレター REXPRESS Vol.1-4
ニュースレター REXPRESS Vol.1-5

◆実践事例
事例01 REXプログラム帰国教員としての国際交流の取り組み
山口県長門市立仙崎中学校教諭 藤井一憲
事例02 REXプログラムの意義と可能性を探る〜REXプログラム評価に関する調査報告〜』
REX-NET
事例03 Unisにおける外国語教育 他
国連国際学校教諭 八木澤和人
事例04 自立学習者を育てるテクノロジーの使用
国連国際学校教諭 八木澤和人
事例05 地域とのつながりを大切にし、生かす活動
岩手県立水沢高等学校教諭 久保朱美
事例06 「焦らず慌てず少しずつ」そして「ちょっと図々しく」
北海道共和高等学校教諭 松山美彦



第1回 国際教育シンポジウム(2004.06.26)
「学校現場から国際教育活動を見直す〜日本および海外双方の視点から〜」
第1部
世界の教室で思ったこと、感じたこと、やったこと−そしてもちかえったもの
〜海外教育体験と帰国後の教育実践報告〜

■ 「ぼくが横浜から行ったわけ」
■ 国連国際学校と国際教育
■ 日本と韓国の教育現場で感じたことと学んだこと
■ 日本人の日本語の先生を受け入れた側の立場
■ REXプログラム帰国教員としての国際教育活動の取り組み
  〜英語科の活動としての国際教育〜
■ 派遣を通してわかったこと・つかんだこと
■ 日本語を母語としない子どもたちへの日本語教育
  〜ここまでの自分、そしてこれから〜
■ 中国語教育の取り組み



第2回 国際教育シンポジウム(2005.06.18)
「発信型教育の実践 〜自分で考え、表現し、行動できる人間づくり〜」

■ REX14期帰国報告
■ 第2回高校生国際交流会議の報告
■ 日韓バーチャル国際会議の報告
■ student-centered な教育の意義と実践方法(講演・課題提起)

■ 教師とALTとのTeam Teachingの授業実践(第一分科会)
  ◇ Integrated Lessonの実践
  ◇ 未来航路プロジェクトの実践

■ 生徒が生き生きと参加する授業実践(第二分科会)
  ◇ アメリカでの日本語の授業実践
    〜同期のつながりを活用した、世界にまたがるプロジェクト〜
  ◇ アメリカでの日本語の授業実践

■ 国際交流活動の実践(第三分科会)
  ◇ 国際交流入門の授業実践 〜REX 派遣先の日本語クラスとの交流〜
    アメリカ、カナダ、中国、ウェールズとのビデオレター、
    フォトレター、グリーティングカード、Eメール交流
  ◇ グローバルクラスルーム 〜世界数カ国の学校との交流実践〜

■ 国際交流活動の実践(第四分科会)
  ◇ 姉妹校との交流 〜ウラジオストックの海洋大学とのイベント〜
  ◇ 地域にねざした交流実践 〜ロシア船員・地域住民・行政を巻き込んだ実践〜

■ 地域社会との連携プログラムの実践(第五分科会)
  ◇ 地域の素材を生かした人材育成
    〜(社)滝川国際交流協会との連携による国際理解教育の推進〜



第3回 国際教育シンポジウム(2006.06.17)

■ 「英語で化学実験授業」
■ UNIS/UN in AsiaからYSF(Yokohama Student Forum)まで
  〜横浜での高校生会議10年の歩み〜

■ 教室の枠を越えた国際教育への挑戦(第一分科会)
  ◇ ハワイ・プナホウ高校とのテレビ会議コンサート
  ◇ 地域の日本語教室への高校生参加プロジェクト

■ 小さな国際人を育てる新たな取組み(第二分科会)
  ◇ 小中一貫教育研究開発学校における「英会話の時間」と「英語」授業
  ◇ 離島での小さな国際理解教育 私のREX経験の生かし方

■ 活気ある授業のために、活気ある学校のために(第三分科会)
  ◇ 太平洋に橋をかけよう −ティームティーチングでの試み−



第4回国際教育シンポジウム(2007.06.09)
「世界にもって行って欲しいもの、世界からもって帰ったもの、そしてこれから育てたいこと」

■ オーストラリアからのビデオレター
  REX17期 藤原 由江(岡山)
■ ニューヨークからインターネット電話によるメッセージ
  ニューヨーク国連国際学校教諭 津田 和男/同校に派遣中のREX教員
■ 基調講演「学校現場における国際理解教育の課題と解決に向けて」
  川崎市立殿町小学校 教頭 佐藤 裕之
■ 「教育行政がかかわる地域の国際化 〜ALTの社会教育活動〜」
  山口県長門市教育委員会派遣社会教育主事 藤井 一憲
  /同教育委員会外国語指導助手 Matthew Devanny  
■ 「国際教育の実践 講座名 異文化理解 〜単位制普通科高校英語教育課程の
  中での取り組み〜」 横浜市立戸塚高等学校教諭 岸 章浩
■ REX-NETホームページ 紹介:長門市教育委員会派遣社会教育主事 藤井 一憲
  国際文化フォーラム企画 中高生のための交流ウェブサイトの紹介
  国際文化フォーラム 室中 直美
■「特別活動の活性化 〜高校文化祭でのギニアのドラム&ダンス発表〜」
  ビデオ紹介と担当した卒業生の発表
  帝京大学法学部法学科 清水 祐輝/北海道札幌平岡高校教諭 渋谷 圭
■「帰国後1年間の実践 〜REX15期派遣教員のアンケートから〜」
  北海道帯広市立西陵中学校教諭 上村 理絵/富山県射水市立小杉南中学校教諭
  竹林 和美/北海道森町立森中学校教諭 松永 祐子
■「帰国後2年目の取り組み 〜世界から持ち帰ったもの〜」 
  岐阜県立大垣北高校教諭 早野 宏樹/大阪府立佐野工科高校教諭 中村 美佐子
  横浜市立舞岡中学校教諭 二上 直子/岩手県立不来方高校教諭 松本 諭
  福岡県苅田町立苅田小学校教諭 富田 直子/富山県立大門高校教諭 吉田 真紀子
■ 都築 智 文部科学省初等中等教育局国際教育課国際理解教育専門官のご挨拶
■ 分科会(第1〜第5)
■ 全体会掘癖科会報告) 各分科会より報告
■ 来年度に向けて



第5回全国大会(2008.06.07)

■ 派遣先からのビデオレター 
  岩田真理(大阪18期) 
■ 講演「今、吉田研作が言いたいこと 今、吉田先生にききたいこと」 
  上智大学教授 吉田研作
■ REX-NET webページの説明   
■ 国際文化フォーラム 「つながーる」の説明 
■ 発表1 生徒がつくる国際交流 〜香港の高校生との交流活動〜
  平澤、高江洲(大阪10期)、夕陽丘高校生
■ 発表2 帰国後1年目の報告1 〜ゼロから始める国際交流〜
  西田(大阪16期)
■ 発表3 帰国後1年目の報告2 〜イギリスAshby Schoolとの交流を通して〜
  助迫(広島16期)
■ 分科会
■ 分科会のまとめ



活動内容 | 人材バンク | PR掲示板 | アーカイブ | FAQ | 入会案内
ホーム | LINKS | サイトマップ | 事務局のご案内 | 寄付について | お問い合わせ

国際教育活動ネットワーク REX-NET
Copyright © 2003-2010 REX-NET all rights reserved.